読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカ人みたく自由に生きたいぞ

日記

僕の特技について

 

僕の特技は、どんな文章でも決められた文字数におさめれることです。
例として、その特技についての紹介文をきっちり300文字でおさめてみせましょう。 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 学校では必ずといっていいほど行われるであろう作文、正直僕も嫌いでした。

わざと改行して字数を稼いだり、会話で使われる「」を無理矢理使って無駄に改行したりとあらゆる手段を使ってましたよ。

だけど、こうやってブログ記事を書いていくにつれてだんだんと文章を書くのが好きになり、そしてどんなことでも決められた文字数で文章を表現できるという特技を身につけました。

「なんだよ、そんな事かよ」

大半の人にそう思われているかもしれません。だけど、子供の頃に文章を書くのが苦手だった僕からしたら、これは大きな成長なのです。

だから、誰にバカにされようが僕は胸を張って言い切れます。

僕の特技は、決められた文字数で文章を書けるこt

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

どうです?見事におさまっているでしょ?

 

 

 

 

いやー、我ながら素晴らしい文章に・・

 

 

 

 

 

・・・・・・え!? おさまってない?

 

 

うそつけよ・・・ 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・やっちまったぁぁぁ!!!!!

 

 

 

f:id:sp-monmon:20160425144744j:plain

 

 

ギリギリでおさまってないじゃないか!

 

 

 

できるという言葉を言える勇気

 

昔見たテレビ番組で

 

日本人に「英語話せますか?」って質問しても大半の人は「英語は話せないです」って答えるんですが

 

逆に、アメリカ人に「日本語話せますか?」って聞くと、

「YES!! Ah~~、SuSi、FuZiYaMa・・・・・・・」

とカタコトながらの日本語を片っ端から言っていったんです

 

 

日本人だって英単語を知らない訳ではないのに、謙遜しがちな性格というか遠慮しちゃう気質なんでしょうか

 

 

 

アメリカ人みたく「できる」って自身満々に言えるのってすごいですよね

 

 

前半部分、偉そうに長々と語っては見ましたが僕には無理でした・・・・・・

 

たまにはアメリカ人みたく自由奔放に生きてみたかったんですよ

 

ではでは

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村